iOS 10iOS 11アプリを発見ユーザー獲得技術

iOS セキュリティアラートがApp Storeのダウンロードを犠牲にしている

By 10月 30, 2017 No Comments

2017年初めのある時点のことですが、f冒険心に駆られた詐欺師たちが、カスタムURIスキームのリダイレクトによる無限ループでiOS Safariをハイジャックする方法を画策していました。その正体は低技術のランサムウェアだったにもかかわらず、残念ながらそのリアルさに騙されて支払いを行ってしまったユーザーが多く出ました。この事件はディープリンキングとは関係ないものの、その修正の余波はAppleの予想を超えて広がったのです。

iOS 10.3での問題

AppleはiOS 10.3でカスタムURIスキームのセキュリティホールを修正しましたが、このパッチには、SafariからApp Storeを開くと確認のアラートが新たに表示されるという副作用がありました。すべてのディープリンキングシステムがApp Storeへのアクセスに関してはSafari経由のリダイレクトに依存していることから、これはiOSでのどのディープリンクについても懸念すべき新たな特殊ケースであるといえます。下の画像をご覧ください。

問題は、このダイアログでキャンセルをクリックすると画面が空白になり、あなたのユーザーが身動きできなくなることです。これは、あなたがそのユーザーを失った可能性が高いことを意味します。

BranchのiOS対応策

Branchが構築した対応策は、ブランデッドでカスタマイズ可能なコンテンツのプレビューをCTAボタンで追加するもので、これによってユーザーに物事を正す第二のチャンスが与えられます。 You can 対応策の構築経過についてはここでお読みいただけますが、画面は次のようになります。

このようにセーフティネットを追加することは何もしないよりはましですが、全体的なユーザー体験は以前よりはるかに悪くなります。唯一の質問は「厳密にどれだけ悪くなるのか」ということでしたが、私たちはAppleの変更による余波を示す実際のデータを入手しました。

iOS変換率の減少に関するデータ

以下の結果は、2017年5月2日におけるiOS Branchリンクのアクティビティのサンプリングから計算したものです。

この結果は何を意味しているのでしょうか?詳しく見ていきましょう。

キャンセルをクリックするビジター

Safariでは、この新しいキャンセルボタンのクリックをダイレクトに追跡することはできません。ただし、Branchは自社で測定できるその他のメトリクスへの変更に基いてこの数値を推測でき、実際にはユーザーの約19% がクリックしていることがわかりました。

第二のチャンス画面によって再取得されたインストール

ビジターが引き続きあなたのアプリを求めていることは朗報といえるでしょう彼らはただ、新しいこの警告で混乱しているだけなのです。CTAボタンでコンテンツプレビューを表示し、ビジターにクリックのチャンスをもう一度与えれば、今後も正常にダウンロードできるようになるビジターの割合は5% を超えるはずです。

Appleがこれを修正しなければならない理由

結論:Branchが提供しているような修正を持ってしても、iOSのオーガニックインストールの約2.5% が途中で身動きが取れなくなっています。iOSユーザーの約1/5にとっては、この新しい警告画面が大きな障壁となっているようです。また、データからはセカンドチャンス画面が役立つことがわかるものの、損害の修復にはまったく程遠いことが見て取れます。

ランサムウェアを気取ったこのカスタムURI手法にパッチで対応したAppleは正しいことをしたと思いますが、App Storeは他のどのアプリとも違います。それはiOSインフラのコアの部分なのです。重要なプラットフォームコンポーネントに対し、不備のあるそのようなUXを適用したのは最悪の決定だったと言わざるを得ません。

そして、オーガニックな取得が大切だ考えるのであれば(大切だと考えなけばなりませんが)、Appleがこの問題を修正するまで、ご自分のユーザーにフォールバックオプションを与えることが必要です。競争が激しいモバイルアプリ界では、自分のインストールをわずか1% 増加させるのでさえ安易な方法はなく、小さな努力の積み重ねが絶対に必要です。

現在、Branchのプラットフォームには25,000を超える現行アプリが存在するので、私たちはこのような特殊ケースを発現直後に検出して緩和できます。さらに、プラットフォームにあるどのアプリについても、通常は追加作業を発生させることなくパッチが自動的に適用されるようになっています。警告もなく動作しなくなるディープリンクへの取り組みに疲れてしまったという場合は、Branchを今すぐお試しください!

Request Demo Create Links
shares